スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑務官の副業

ニュービリビット(モンテンルーパ刑務所)より1通の手紙が届いた。

早速お二人に会いに刑務所に面会に行った。そこでお二人から聞いたいろいろなお話、
彼らが書き記している日記、他をここでご紹介していくことにした。

彼らが本当に無罪なのかどうかの審議はわからない。しかし彼らが経験してきたことは計り知れないことばかりで我々がフィリピンと言う国とかかわっていくのであればいざそういう事件に自分が巻き込まれたときに役に立つ事が日記に書かれている。彼らの日常起こる刑務所内の出来事から、、彼らの訴え、愚痴、他をここで紹介していきたいと思う。

ここから彼らの支援者が出てくるかもしれない?彼らはそれも期待していると言うことは本音の部分で話してくれた、、一人でも多くの人が彼らの獄中からの呼びかけに答えてくれればどんなにうれしい事か、、ほとんどの人には信じてもらえないと自覚しているしかし何処かに理解してくれる人がいるはずだとそれを信じて日記を書きたいと思う、

最後に二人が口を合わせて言っていました、我々が外にいたとしたらこのような訴えに恥ずかしながら多分耳を傾けなかっただろう、、囚われの身となり初めてはめられた囚人の気持ちがわかった。まさか自分がこのようなことになるとは夢にもおもわなかった。と、、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

手紙1

手紙2


獄中日記

天候、晴れ、夕方から雨、今日土曜日は、ステイ、イン(妻子の宿泊可能)である。日本の刑務所では考えられない。
僕は日本の刑務所へ入った事が無いが、本や知人から聞いたが、面会室での面会で、ガラス越しの会話。刑務官が会話を聞いており、指1本も触れる事が出来ない様だ。しかしフィリピンの刑務所はどうだろう。面会者の妻子が宿泊できる。考えられない。日本の刑務所で禁止されている事でもモンテンルーパでは可能である。覚せい剤、大麻、その他魔薬と名の付くもの全て有る。外部からの持ち込みは、不可能、過去に何度もパクられている。職員は持ち込み可能、安給料だから、副業として最高。日本の刑務所と違う所はモンテンルーパ刑務所には、ビデオケ、バスケットボールコート、テニスコート(テニスコートは元議員のプライベートコートも有る)ビリヤード場もある。今までテニスもやった事無い人間が刑務所でテニスを憶えてゆく。又、フィリピン人は、ギャンブルが好きで、ビリヤードでギャンブル、トランプ、コインの裏表(カラクロス)バスケットボール、以前は鶏闘も有った様だ。これらのギャンブルにしても本来は禁止されているが職員が上前を盗る(強盗のようなもの)中国人はトランプかマージャン、掛け金が違う。職員からすると、上客は中国人。中国人の大半が、ドラックスケースが多い。外部と連絡を取り合い、覚せい剤の売買。キロ単位の取引きをしている。刑務所内には、中国人は約100名ほどと思う。携帯電話は禁止されているが、かなりの台数が有る。携帯も職員が持ち込み囚人に売られている。又、職員に1000ペソ(約2500円)を支払い持ち込んでもらう。囚人の中には、チンコロ屋が居て、携帯の隠し場所等を通報し、職員より現金を受け取る。その携帯電話を職員は販売させる。携帯をパクられた囚人は、懲罰房へ入るかいやなら示談金を支払う。全て職員に金が入るシステムは出来上がっている。
今日の食事
朝食、ご飯とイワシ2匹(乾燥させた物で臭い4センチ位
昼食、ロミー(フィリピン風うどん)
夕食、イワシの缶詰め半分
僕の今居る所は、マキシム・セキュリティー・コンパンドと言って長期刑を収容している、近くにミディヨム・セキュリティー・コンパンド(中期刑)もう1ヶ所ミニマム・セキュリティー・コンパンド(短期刑)、長期刑だけでも12088名の囚人を収容している。食事に関しては、外部の業者で中国系のM,キコという会社が入っている。
マキシムの外にダバオ、パラワンの労働刑務所も担当している。相当な人数の食事を供給している。1人の囚人に対して、1日35ペソ(約100円弱)らしいが、僕が毎日食事していて1日35ペソとは思えない。どう見ても25ペソ(約65円)位だろう。例えば1日10ペソを詐欺したとすると囚人は約12000名、1日当り12万ペソ、1ヶ月360万ペソ、1年で、4320万ペソ(1億円強)を詐欺していることになる。会社側は、刑務所の上層部へ上納金を納めていると思う。労働刑務所を含めると膨大な数字となるだろう。。
スポンサーサイト

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

★No title

刑務官の副業は市刑務所でも有りましたよ!
お酒類は持込めないですし禁止ですけど、刑務官に手数料を払って買ってきてもらいます。薬物系も販売されていました!携帯電話はダメでしたが、夜中(12時)に刑務官がトランプ賭博(トンイツ)をする為に囚人を誘い外に出して朝まで続けて朝の点呼は檻の外で点呼をする刑務官の横に立ってした覚えが有ります。
特に刑務所長が休みの時は24時間連続でやり食事は配給食ではなく、刑務官達と同じ食事を頂きました。そうそう薬物を持込まないように、面会者のチェックが有りました。男性は簡単なボディーチェックでしたが、女性は別室に連れて行かれ服を脱いでチェックされたそうです。中にはサンダルのかかと部分に薬を隠して旦那の面会に来て見つかりそのまま囚人となった夫婦も居ました。ただこの女性のチェックが厳しいが為になかなか普通の女性が面会に来るのを拒む女性も居ました。市刑務所では薬物は大体が奥様が膣内に隠して持込んでいたようです。歩き方がぎこちないとバレますが。

★japinoako様

市警察生活もたいへん?だったようですが面会者に対してそこまですると女性面会者は減ってしまいますよね、、でも運び屋的なことをする面会者が減らないから仕方ないのかもしれませんね。
FC2カウンター
プロフィール

管理人

Author:管理人
メールアドレス  free4649@msn.com

P J  1962年2月4日生まれ 46歳   
    罪名 強姦罪 刑期 無期1997年9月1日 1997年9月1日 12歳の子をレイプしたと訴えられセブ署にて逮捕 9月3日ダナオ刑務所に移管2週間後保釈、2001年7月20日 判決 2001年8月20日 モンテンルパ刑務所に移管


P J  1957年5月5日生まれ 51歳            
    罪名 詐欺罪 刑期 16年~20年 2001年9月24日 マカティ警察 逮捕 拘留 9月27日ビクータン入国管理局留置所 2002年10月4日 判決が下り 2004年10月10日 ニュビリビットモンテンルパ刑務所 Mediam 入所 2006年4月6日無期死刑房に移管、現在に至る。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。