スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁の中の教会

ニュービリビット(モンテンルーパ刑務所)より1通の手紙が届いた。

早速お二人に会いに刑務所に面会に行った。そこでお二人から聞いたいろいろなお話、
彼らが書き記している日記、他をここでご紹介していくことにした。

彼らが本当に無罪なのかどうかの審議はわからない。しかし彼らが経験してきたことは計り知れないことばかりで我々がフィリピンと言う国とかかわっていくのであればいざそういう事件に自分が巻き込まれたときに役に立つ事が日記に書かれている。彼らの日常起こる刑務所内の出来事から、、彼らの訴え、愚痴、他をここで紹介していきたいと思う。

ここから彼らの支援者が出てくるかもしれない?彼らはそれも期待していると言うことは本音の部分で話してくれた、、一人でも多くの人が彼らの獄中からの呼びかけに答えてくれればどんなにうれしい事か、、ほとんどの人には信じてもらえないと自覚しているしかし何処かに理解してくれる人がいるはずだとそれを信じて日記を書きたいと思う、

最後に二人が口を合わせて言っていました、我々が外にいたとしたらこのような訴えに恥ずかしながら多分耳を傾けなかっただろう、、囚われの身となり初めてはめられた囚人の気持ちがわかった。まさか自分がこのようなことになるとは夢にもおもわなかった。と、、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

手紙1

手紙2


獄中日記
今日は、朝から快晴で少し蒸し暑い。台風の雨がと少しでもと、自分勝手に言いたいことを言っている。
月曜、火曜日と面会日では無いので静かである。21日に沈没したフェリーの救出は全くといってよい程進んでいない。フィリピン海軍のヘリコプター、少数の部隊が出動している位。沈没してから4日が経過しているので、死体が数体、海面に上がった方を回収している。家族の思いは、どんなものだろう?内外から救援物資等が届いているが、これは、台風に関して
も同じで有るが、被害者の手元に届くには、一部、政府関係の私物となるのが、常。
米不足で海外からの支援は有るが、一般庶民には、届かず、政府関係者が販売している。
フィリピンに対しての援助国は、アメリカ、日本、オーストラる後の事。これは教育に関してだが、その金銭は、どこへ消えているのか、それは、はっきりしている。他の国の援助が有るが学校建設は、進まず、全てが不足している。これじじゃあフィリピンの未来は無いに等しい。
今日の食事
朝食、ソウパス(日本のシチュー似ているが、クリーミーではなく、水ぽい、気持ちだけミルクが入っている。それにマカロニと僕は、鶏肉と思って食べたが、骨が鳥にしては、細い、フィリピン人に聞いたところ、ネズミとの事、ゲ~ェ
昼食、野菜の煮物
夕食、イワシの缶詰め一人半分。:過去、イワシの缶詰めは消費期限切れ。ネコも食べない物を人間が食べていた。冗談とは思うが、猫が食べて死んだという話しも

今日は、朝から気持ちの良い快晴
僕は、クリスチャンですから、教会へ行き、モーニングデポーション。ここの刑務所には、カトリック、イグレシア、プロテスタント、モスリム、4等の教会が25教会以上有ると思う。中には、複数の教会のメンバーになる。なぜか?それは、クリスマス、アニバーサリーと教会から、石鹸、歯磨き、シャンプー、タオル、サンダル、食品等、ビヤヤと言って、もらえるからである。もらった人は、その品物を売って現金化する。それらの情報は、速い(今日、OO教会のアニバーサリーだぞ)と、普段なら、20~30名の礼拝が、その日に限り100名以上まで集まる。神様、ごめんなさい。アーメン
夜、何か変な女性の声がした。トイレへ行く、ついでに様子をうかがったところ、みんな真剣な顔で、テレビから目を離さない。又、右手が激しく上下ピストン運動を、左手には、タオル、アッ!!OOOOか!!恥ずかしくも無く、よくやるョ。
前にOOOO中に急にテンカンの発作を起こし泡を吹いたヤツもいた。又、たばこを吸いながらOOOOしていて、人から(タバコの灰の事を注意され)、殴り合いケンカ。
人間じゃねェヨ、猿かそれ以下だ。
今日の食事
朝食、フィリピンのおかゆ
昼食、豚肉の脂肪、2cm角位、スープなし
夕食、バゴス(フィリピンのナショナルフィシュ、5cm弱位)魚は、いつもの様にホルマリンの臭い。(ビヤヤとは刑務所の言葉で、プレゼントと言う意味)
スポンサーサイト

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

★No title

こつこつと読ませていただいておりますが、
まさに生き地獄ですね!
こんな環境の中でも必死に生きようと
鼠の肉?や腐り掛けの食物食って生きようとする姿・・・
壮絶ですね・・・
これでは感染病等が発生したら死ねというようなものだと思いますが
日本でしたら、刑務所内の扱い等で一時期明るみになり問題にもなりましたが
フィリピンではそんな事もないのでしょう。。。
そんな事を明るみにしようとするなら消されてしまう事もあるのでしょうか・・・

★No title

彼らがどのようにして現状のようになっていったか経過にすごく興味があります。私も今裁判を抱えており今後どのような結果になるのか正直不安でいっぱいです。
参考にというと失礼かもしれませんが今後の流れがきになります、
差し支えなければよろしくお願いいたします、いきなり流れてきてぶしつけなお願い申し訳ございません。逆に協力できることがあれば私も協力させていただきたいと思います、日本の食品、本など差し入れさせていただきます。どこへご連絡差し上げればよろしいでしょうか。

★bigbrother 様

bigbrother 様ご愛読ありがとうございます。
フィリピン政府は犯罪者を人間とは思っていないようです、、

日本政府も似たようなものですが、、犯罪者扱いされている身になって考えてもらいたいものです

★協力者様

協力者様本当にありがとうございます。
私どもの情報が役に立つというのであれば今後日記に書き記したいと思います。
お付き合いください。

連絡先はメールにてお送りさせていただきますのでご了承ください。
FC2カウンター
プロフィール

管理人

Author:管理人
メールアドレス  free4649@msn.com

P J  1962年2月4日生まれ 46歳   
    罪名 強姦罪 刑期 無期1997年9月1日 1997年9月1日 12歳の子をレイプしたと訴えられセブ署にて逮捕 9月3日ダナオ刑務所に移管2週間後保釈、2001年7月20日 判決 2001年8月20日 モンテンルパ刑務所に移管


P J  1957年5月5日生まれ 51歳            
    罪名 詐欺罪 刑期 16年~20年 2001年9月24日 マカティ警察 逮捕 拘留 9月27日ビクータン入国管理局留置所 2002年10月4日 判決が下り 2004年10月10日 ニュビリビットモンテンルパ刑務所 Mediam 入所 2006年4月6日無期死刑房に移管、現在に至る。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。