スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PJ氏の経歴

名前   PJ
住所   東京都
罪名   詐欺罪
刑期   12年~20年
裁判所  マカティ地裁 ブランチ148
事件番号 01-1593
裁判官  OSCAR B PIMENTEL
告訴人  NORIYUKI SONODA
証人   BRENDA SANTIAGO
弁護士  ROIAND VILLENES
通訳   吉野 フジオ
被告弁護士 バルセロナ

逮捕から刑務所への記録
2001年9月16日  マカティ警察逮捕
2001年9月20日  入国管理事務所、拘置所(ビクタン)
2002年10月4日  判決
2002年10月10日  モンテンルパ刑務所(サンパギッタ中期刑)
2006年4月6日   モンテンルパ刑務所(長期刑)
 
告訴人Sと知り合った時期及び経緯
2000年7月下旬ころ、BULI Muntinlupaの知人、ロディ・リントの自宅に訪問していた時知人宅の前の住むMという女性に、日本に居住する恋人、Sに電話してほしいとの依頼があった。ミカとがSが知り合った場所は、アラバングに所在する、ビデオケ(チェック ポイント)で客として来店したSを知ったそうだ。
7月下旬、ミカの依頼により、Sに電話した。その後、何度か電話しフィリピンに来た場合、会う事を話し合った。ある日、僕がラスピニャス市内で、トライスクールの乗車中、財布を遺失した。財布の中身は、現金、クレジットカード、ATMカードであった。ATMは日本国内専用。8月に入り、僕はSに事情を説明し、送金してもらった。
第1回目は、2000年8月7日 10万円
第2回目は、2000年8月11日 20万円
第3回目は、2000年9月3日 80万円
第4回目は、2001年1月10日 160万円
第5回目は、2001年4月10日 15万円
を送金してもっらた。
受け取り方法は、第1回から第3回は銀行振り込み。第4回、第5回はDoor to Doorにより受け取り。
2001年4月13日、パサイ市在住、サンファン病院にて、ブレンダ・サンチャゴに会い借用書を渡した。印紙なし
初めて借用する時に、住所、家族の住所は知らせて有る。フィリピンも含め、Sと初めて会ったのは、2000年10月5日午後4時過ぎ、ホテル、ホリディ・イン・マニラ。Sが日本から同行してきた者は、日本人4名同席した者は、ブレンダと運転手のペピィト。ホテルのロビーで当時、副大統領のアロヨが来館していた。この事実がSの面会がホリディ・イン・マニラと解ける。第2回目、2000年10月10日、Sの帰国日、午前中、ホリディ・イン・マニラにて。第3回目2001年3月25日、ホリディ・イン・マニラの合計3回の面会。
裁判では、現金を僕に渡したのは、ブレンダで直接渡したと証言、場所は2000年1月7日にブルバードマンション。7月21日マンダラヨン、9月3日バリオフェスタ、2001年1月1日バリオフェスタと偽証している。私が、Door to Doorで受け取った証人は多数存在する。
告訴人と証人は、裁判では、僕とSでフィリピンで質屋の開業資金として渡した、と証言しているが何の証拠も存在しない。事実ではない。
僕は、弁護士バルセロナに対し無実の証人、Sの宿泊するホテルの調査、又裁判では、質屋に関して質問する様に話しをしたが何も行われていない。ブレンダが直接、現金を渡したすれば、必ず領収書が有るはずです。しかし提出されていません。質屋に関しても何も証拠は無い。日本人通訳、Yだが、私が選任していない。告訴人が選任した者で、僕には了解を取っていない。告訴人は日本在住の日本人との金銭の貸借問題は、日本で言う民事事件ではないでしょうか。又、僕がマカティ警察に逮捕された理由が判りません。住所地でもありません。
発生場所といっても、Door to Doorで受け取った場所はラスピニャス市です。告訴人は日本、証人はサンタロサ・ラグーナです。
告訴人がフィリピンにて、現金を渡したと強調しているのは、日本から送金ではでフィリピンの事件を立件するのは不可能であるからと思う。

法務省のガイドラインは、ミニマムセンテンスの2分の1を経過している場合、減刑の申請が可能。もし減刑が認められた場合、仮出所の申請も可能となる。

※ 裁判中に自称、裁判官のアシスタントのドンから毎日の様に、TEXTが来た。100ペソ支
払えばジスミスにする。払わなければモンテンルパ20年と何度なくTEXTが届いた。僕は
証拠としてその内容を弁護士に全て送ったが、何の行動も取らなかった。
※ 判決の日には、弁護士、通訳、不在のまま判決を言い渡された。判決後、私は控訴の意志
を告げたが、控訴となっていなかった。
※ 書き忘れていましたが、私の証拠として、日本の銀行口座の証明書、日本からの送金等
記載のもの。私の無実を証明する、証人等の弁護士に伝えたが、裁判では一切証言して
いない
※ 原告側の証人、ブレンダ・サンチャゴが直接、現金を渡したと証言しているが、もし現金を渡
したのであれば、領収書等は有るのか。
※ 質屋の開業と証言しているが、計画書、その他、証拠として一切提出していない。その開業
資金を詐欺としたら、借用書は何の意味があるか?私がSと面会したホテルに対して、弁
護士は何も調査もしていない。
※ 私は、Sと始めて面会したには、2000年10月5日であるが、Sは、それ以前からの知り合い
と証言している。私にSを紹介した。ミカなる女性が、証言すれば、事実が判明する。



Q, 今後の目標は?
A, 1日も早く出所する事が、第一目標です。今年3月31日付で、減刑申請は提出済みで、
回答待ち状態である。家族の問題で、二人の子供の日本国籍の取得と妻、子の日本へ
の渡航に関する件。(事件外)
Q, 出られる確率は?
A, 僕の刑期は、12年~20年で、通常で2010年に仮出所の申請が可能である。もし減刑が
認められると多少、早められると思う。
Q, いつ?
A, 2010年と思われる。
Q,今の支援団体は?
,A. 事件に関して支援団体等は無い状態です。
Q,大使館は何をしてくれるのか?
A, 断言できる事は、無いの一言。

※ 僕は、逮捕時、警察より、大使館へ電話を掛け相談したが、面会は無し、5日後、入国管理
事務所の拘置所(BID)に拘留中、数ヶ月後に面会に来た。っ領事に対し、僕は無実を主張
したが、領事は一言、フィリピンでよく有る話し、フィリピンへ来た。あなたが悪い。であった。
在フィリピン日本大使館の領事とは思えない発言である。
※ 逮捕行為、被疑事実、等の事実関係の調査無し
※ 弁護士、通訳等、選任に対して、非協力的
※ 裁判に対する、中立、公平等する調査無し
※ 大使館、領事は、事件に関して、フォローアップは行うがバックアップは不可能との回答。
無罪を主張している者に対してバックアップは、必要不可欠と思う。大使館としては、事件
       に関して、触れたく無い体制である。以前、大使館として、減刑の申請を依頼したが、前例
       が無いで終わった。今年3月31日付の減刑申請では、Board of Pardons and Paroleへ申
       請書が届いた有無の確認のみである。

再審理を考えた時期も有ったが、裁判費、弁護費用等を考えると、簡単には動けない。2001年から現在まで、7年服役し、あきらめ半分あと、数年で仮出所と思っている。大使館が、もっと積極に協力して頂ければ、もう少し違った考え、行動が取れたと思います。しかし可能であれば、無実として出所したい。悔しい思いだけが残る
スポンサーサイト

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

★No title

昨日発売の週刊新潮に「モンテンルーパ刑務所」の記事がでていました。
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/

日名子 暁さんがレポーターです。

★覚せい剤所持で邦人男逮捕 フィリピン

2008.9.18 20:21
 フィリピン警察は18日、覚せい剤と銃弾の不法所持の現行犯で、日本国籍のハヤシ・レイイチロウ容疑者(43)=漢字不明=を逮捕した。

 調べでは、マニラ空港で覚せい剤入りの小袋と銃弾13発を持っていた疑い。木製の灰皿をくりぬいて内部に隠していたが、成田行きの航空機に搭乗する際に空港職員が荷物検査で発見した。

 同容疑者は「灰皿を日本に運ぶよう友人に頼まれただけ」と容疑を否認している。

 フィリピン警察は14日にも、覚せい剤所持の現行犯で日本国籍の女を逮捕。ハヤシ容疑者はこの女と同じホテルに宿泊していたことから、警察が関連を調べている。(共同)

はじめまして。新しくフィリピン総合情報サイトをオープンしました。

まだ完成途上のサイトですが、フィリピン情報に詳しいブログの参加を募集しています。
携帯専用サイトですが、パソコンからでも登録出来ます。

どうか貴方様のフィリピンブログのご登録をお願いします。

よろしくお願いします。

フィリピン総合情報サイト
モバイルフィリピン
http://02.rknt.jp/phlipp/

管理人

ブログ閉鎖します!

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
FC2カウンター
プロフィール

管理人

Author:管理人
メールアドレス  free4649@msn.com

P J  1962年2月4日生まれ 46歳   
    罪名 強姦罪 刑期 無期1997年9月1日 1997年9月1日 12歳の子をレイプしたと訴えられセブ署にて逮捕 9月3日ダナオ刑務所に移管2週間後保釈、2001年7月20日 判決 2001年8月20日 モンテンルパ刑務所に移管


P J  1957年5月5日生まれ 51歳            
    罪名 詐欺罪 刑期 16年~20年 2001年9月24日 マカティ警察 逮捕 拘留 9月27日ビクータン入国管理局留置所 2002年10月4日 判決が下り 2004年10月10日 ニュビリビットモンテンルパ刑務所 Mediam 入所 2006年4月6日無期死刑房に移管、現在に至る。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。