スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獄中死亡の邦人裏口出所

ニュービリビット(モンテンルーパ刑務所)より1通の手紙が届いた。

早速お二人に会いに刑務所に面会に行った。そこでお二人から聞いたいろいろなお話、
彼らが書き記している日記、他をここでご紹介していくことにした。

彼らが本当に無罪なのかどうかの審議はわからない。しかし彼らが経験してきたことは計り知れないことばかりで我々がフィリピンと言う国とかかわっていくのであればいざそういう事件に自分が巻き込まれたときに役に立つ事が日記に書かれている。彼らの日常起こる刑務所内の出来事から、、彼らの訴え、愚痴、他をここで紹介していきたいと思う。

ここから彼らの支援者が出てくるかもしれない?彼らはそれも期待していると言うことは本音の部分で話してくれた、、一人でも多くの人が彼らの獄中からの呼びかけに答えてくれればどんなにうれしい事か、、ほとんどの人には信じてもらえないと自覚しているしかし何処かに理解してくれる人がいるはずだとそれを信じて日記を書きたいと思う、

最後に二人が口を合わせて言っていました、我々が外にいたとしたらこのような訴えに恥ずかしながら多分耳を傾けなかっただろう、、囚われの身となり初めてはめられた囚人の気持ちがわかった。まさか自分がこのようなことになるとは夢にもおもわなかった。と、、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

手紙1

手紙2


獄中日記

今日は、晴れ上がり、暑い1日だあった。日本は梅雨期で、ジメジメとし蒸し暑い又、カビ臭い頃だろう。しかし今は、懐かしく感じられる。日本を離れ10年が過ぎ、10年一昔と言うが、帰国後、電話の掛け方、電車の乗り方、その他、色々塗、不自由するだろう。フィリピン人旅行者の様なものだろう。我々も1種のフィリピン人化しているにかも知れない。日本へ帰るが、日本へ行くと言い換えた方が良いかも。喜び反面、不安が有る事は事実。
本日から7月に入り、8月15日は終戦記念日が間近かとなった。今年も昨年と同じ様に墓地の清掃と感謝、慰霊を捧げたいと思う。本来、囚人は、裁判、病院等以外、特別な理由が、無い限り、刑務所の外へ出る事は不可能であるが、しかしここ、フィリピン社会は違う。お金により、許可はもらえる。どんな事であろうと。ビデオカメラ、カメラの持ち込みも同様である。金が全ての国ですから、人の命よりも金が大切と言う国です。人を殺しても、8年から16年の判決の者もいる。詐欺罪の者は12年から20年とか無期、金銭関係は厳しい。
そう言えば、1年位前に出所したOさんは、今でも日本に帰国する事が出来ない。現在79歳と思う。帰国の為、一時入国管理事務所の拘置所にて拘束されていた。法務省のガイドラインでは、70才以上の者、外国人とか点数が打ち出されているが、未処理事件が、発覚しては無理だ。同じ東京出身の僕から見ても気の毒である。しかし自分には何もしてあげられない。但し、早期に帰国し、残された余生を送っていただきたい。口癖の様に言っていた事だが(日本で離婚した、元妻が待っている)と話していたが、以前にガンの病意で病床に着いている。現在も生存しているかは、不明である。日本人の未決因でも、死亡しても遺骨の引き取り人が無く、フィリピンで無縁仏として埋葬されている例も有る。
フィリピン人でも同様、刑務所で死亡した場合、家族等へは連絡するが、引き取り人が無い場合、米袋に入れ無縁墓地に埋葬する、人間扱いしていない。犬、猫、ゴミと同じだ。こんな所で犬死にはしたくない。畳の上とは言わないが、日本の地で、これがフィリピンに服役している日本人の総意であると思う。囚人に限らずフィリピン在住の日本人も同じだと思う。
今日の食事
朝食、ソウパス(マカロニのミルク煮、ミルクが足りなく味がない)
昼食、豚のシニガンスープ(酸っぱいスープに豚の脂肪2.5×2.5㎝位)
夕食、生イワシ1匹(いつもの様にホルマリン漬け)
日本食が食べたい、何でもいい、味噌汁、おしんこ、とんかつ、コロッケ、そば、うどん、刺身、寿司。本当に、何でもいいから日本食だ。やっぱり日本米だ。日本米ならおかずはいらない。


今日は朝から曇り時々日を差すが又、小雨も降る。1日であった。
今日、午前中、ミディァム・セキュリティー・コンパンドで一緒であったフィリピン人に会った。名前はジョエル、年齢は25か26歳と思う、彼の事件は、殺人と死体遺棄である。共犯者は、全員で7名。全員、親子である。近所の家とのトラブルで相手を殺害し、死体をバラバラに解体したとの事である。父親と子供4名は逮捕されたが、2名は逃走し、現在・指名手配中。
親子共犯の事件で思い出したが、同じ房に親子で強姦というのもある。自分の養女を父親が強姦し、子供の同じく強姦した事件である。父親の判決は死刑。しかし死刑制度が廃止されたので、今は無期、子供の方は無期、フィリピンでの判決が無期でも、12~15年で仮出所する。でも、フィリピンは強姦罪で服役している囚人が多い。日本からは考えられる強姦とは違う。自分の子供を強姦する例が多い。人間ではない。犬、猫、ネズミならまだしも。自分の子供をレイプするとは。。。
日本人でも2人ほど、変態が存在していました。二人供出所しましたが、1名は出所といっても天国へ出所しました。地獄かもしれませんが。幼児に対する性的いたずらです。男、女は関係なし、子供なら誰でもいいのです。亡くなった方の事をあまり書くと、夜が怖いので、これまでに。。。もう一人は当時65歳、I県のM下さんです。生後八ヶ月の赤ん坊に自分のジュニアをOOOOさせた事件です。本人は無罪を主張していましたが、ビデオカメラで撮影されていたので、動かない証拠です。70歳を過ぎ、大統領恩赦で出所し、今は日本です。M下さんが言ってました。(次は何処の国へ行こうかな)と日本でも、他国でも、事件を犯さなければ良いのですが。I県の人間はケチと言うが、確かにケチである。しかし、若い女の娘に、甘い声を掛けられると、財布が開く。十歳位の女の子には、キスしてくれたら20ペソ(約50円)あげると子供の親の前でも平気で言う。この変態ジジイ!!
変他で、頭に浮かぶのが、地元フィリピンの変態市長。その名はS氏。S氏は女性より男性が好みで、アベックがいたならば、二人を連れ去り、自分の手下に女性を自分は男性をレイプする。のち二人供殺してしまう。終身刑が9年、キング・オブ・変態オヤジ。又、アニマル系の変態も、カラバオ(水牛)、犬、猫、鶏、をレイプした者も居る。動物は告訴しない。同じ房で、2週間程前、白い猫をトイレでレイプした者もいる。他の者が言うには、出血したと喜んでいた。本当にバカなフィリピン人が多い。
日本の刑務所でも、よく行われている様だが、自分のジュニアに歯ブラシの柄で、玉を作り入れるらしいが、モンテンルーパ刑務所でも、入れる者がいる。プラスチェクの玉を入れる際、カミソリ包皮を切るが、深く切り過ぎる、血管まで切り不能に成ったそうだ。プラスチックのボールを入れても不能では、妻や彼女が逃げてしまうのがオチ。以前から思っていた事だが、フィリピン人の多くの者は会話は出来ても、読み書きが出来ない。70歳、80歳の老人ならまだしも、20歳から60歳の者でも、読み書きが出来ない者がいる。理由は色々有ると思うが、家庭生活が貧しいため、仕事をしなければいけないので、学校へは行かないのが多いだろう。日本人の囚人の中にも1人読み書きできない者がいる。日本人で昭和20年後半生まれで、読み書きできない。この日本人は人間国宝と言わざる負えない。昨日、日本人の象さん舎房の罪として、舎房からの外出が禁止となったそうだ。理由は借金問題、外出禁止は罰であるが、もう一つ身の安全の為でも有る。借金問題、食事関係で、殴り合いのケンカ、刺されたり、時には命を失う事も有る。昨年、支給食の量の多い少ないで殺人事件にまで発展した。大半の者は出所を待ち望んでいるが、中には、このまま刑務所生活をと望む者も居る。理由は出所しても帰る家が無い、仕事が無い、金が無い、それなら刑務所生活は天国だ。寝る所は有り、不足では有るが三度の食事は与えられる、仕事が無くても、生きていける。出所しても、又新しい犯罪を犯し、刑務所へ逆く戻り。確かに再犯率は高い。出所しても危険が共う被害者に復習され殺される。昨年、出所した者が1ヶ月も経過しないうちに、首と胴、二つに切断され殺された。
今日の食事
朝食、ご飯、イワシの乾燥させた物
昼食、野菜の煮物
夕食、生卵1個
今日の食事を計算してみると、ご飯9ペソ、イワシ3ペソ、玉子3.5ペソ、野菜の煮物4~5ペソ、合計20.50ペソ位、日本で50円弱、カロリーはどのくらいだろう?500カロリー有るかどうか??
スポンサーサイト

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

★びっくり!

ミクシィから飛んできました、こんなことが許されるのですか?
まさかこのような人たちがいたなんて、正直信じられません。
大使館に頼れないと言うこともはじめて知りました、あまかったのかもしれませんが正直大ショックです。大使館が動かないのであれば動ける(助け合える)組織はフィリピンには存在しないのでしょうか?マニラ会?日本人会?とかよく聞きますが当てにならない組織なのでしょうか?妻がフィリピンにいるのでこれからのことをしっかり考直さなければいけないとここに来て感じました。管理人様彼らも大切ですがこれから彼らみたいな被害者が増えないように何かみんなで考えていくことをここで展開していただけることを期待し叉私もできる限りのお手伝いを約束させていただきます。

★ミクシィ 様

ミクシィ 様ありがとうございます、まず我々が出来ることといえば下記のURLを皆さんのブログ等に張っていただき一人でも多くの人に現実を見ていただくこと。
その中には大使館の職員やそれなりにフィリピン政府に働きかけられる人も見ているかもしれません。資金的にも援助できるスポンサーさんも現れるかもしれません。
そこからはじめたいと考えております。

http://freedom110.blog50.fc2.com/
  ↑  ↑  ↑
私たちは無罪の罪で現在戦っているこのお二人そして冤罪で収監されている同じ日本人達を応援しています。


このブロ具を見ていただいて私も協力したいと感じられた方がいらっしゃいましたら、是非上記のURLをみな様のミクシィ、ブログ、ホームぺージ二リンクをお貼りください。一人でも多くの方がこの事実を知ることが彼らを救うはじめの一歩だと考えております。

★No title

こんにちは。
おじゃましました。
またよらせてください。

★No title

実に生々しい声が聞こえてきました。
彼らは無実なんだろうか?
もしそうだとしたら、日本政府は何をやっているのだろう?
複雑な気持ちになりました。

★ようじ様

ようじ様いつでもあそびにきてください。
一言残していただけるだけでここを運営している我々は
すごくうれしく、気力が、どんどん上がります。

★村長527様

村長527様我々が調べた結果一人は100%結果が出た冤罪で残りのも2人はほぼ間違いないと思われます。過ちを認めない国柄が出ています。それに対して大使館は何もしない、これも国柄がでていますよめ、、おたがいに、、
FC2カウンター
プロフィール

管理人

Author:管理人
メールアドレス  free4649@msn.com

P J  1962年2月4日生まれ 46歳   
    罪名 強姦罪 刑期 無期1997年9月1日 1997年9月1日 12歳の子をレイプしたと訴えられセブ署にて逮捕 9月3日ダナオ刑務所に移管2週間後保釈、2001年7月20日 判決 2001年8月20日 モンテンルパ刑務所に移管


P J  1957年5月5日生まれ 51歳            
    罪名 詐欺罪 刑期 16年~20年 2001年9月24日 マカティ警察 逮捕 拘留 9月27日ビクータン入国管理局留置所 2002年10月4日 判決が下り 2004年10月10日 ニュビリビットモンテンルパ刑務所 Mediam 入所 2006年4月6日無期死刑房に移管、現在に至る。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。